これでもう大丈夫!面接成功のポイント

成功の秘訣はこれだ!

書類選考に通り面接へたどりつく方法と対策

今は書類選考が一番の難関です。募集広告を見る、履歴書を書く、郵送をする。書類選考を通過し面接への壁を打ち破れるヒミツは、この一連の作業のどこにあるのか。それはやはり履歴書しかないでしょう。Webページで“書類選考に勝つ履歴書の書き方を教えます”という文句をよく見かけます。

読んでみるとごく普通の常識あることしか書いてありません。丁寧な字で書く、簡潔に書く、見やすく書く、簡潔で自己アピールをしっかり書く、これらを下書きまでして書くというのですから、どうなの?という気がします。

しかも現在はパソコンで作成した履歴書をよく見かけます。それを受け取っている企業もなんら不思議そうではありません。手書きが原則などという「ジンクス」は既にどこかに頓挫しています。

「簡潔ですっきりした履歴書」などという言い方は何をもってそう書いているのか、その真偽がしりたいです。人1人が生きてきた人生の有り方が履歴書です。名の通った会社で働いていた人もいれば、名もあまり聞かない普通の会社で働いていた人もいます。“簡潔ですっきりした”なん言い方は今までの自分の履歴を整理して書けばよいことで、簡潔もないだろうと思う。いまさら履歴書をどう書くかなんて探す人もいないだろう。基本的な書き方など履歴書を買えば表に書いてあり、注意事項もしっかり書いてあります。

さらに自己アピールもどう書けばよいのかも、例まで出して書いてあります。いまさらWebページで言われることでもないでしょう。

本気でどうしたらいいのかを探している人間は、『書類選考を通るために何をすればいいのか』が知りたいだけ、今更ながら基本的なことを知らされても見当違いも甚だしいとしか言いようがありません。しかも時と場合によれば、自己アピールをあまり書くと、嫌がる企業もあることを知っておいて欲しいです。

どうしてか?それは企業の担当者に聞いてみてください。今までの常識が通じないことはいっぱいあります。成功に近づける対策は、本気で就活に取り組みいろいろ工夫しながら、失敗を次回に繰り返さないよう試してみている人が一番よく知っています。例えなんど失敗をしたとしても、注意をしていれば成功への傾向が見いだせるような気がします。

成功への方法と対策はそれに本気で取り組んでいる人間のみが会得でき、面接に受かる傾向を見いだせた時、就職を手にできるので人やWebページや本には出ていないことです。